COMPANY 会社概要

トップメッセージMESSAGE FROM CEO

 弊社は1972年(昭和47年)4月に創業し、まもなく創業50年を迎えようとしております。半世紀にわたり、地元山陰の皆さまをはじめ、全国のお客様にご愛顧賜りましたことを、心から感謝申しあげます。
 弊社事業は、山陰酸素工業の取引先であった日本酸素の冷凍食品ブランド「フレック」商品の仕入れ販売と、地元の境港で水揚げされた海産物を使った加工品の製造販売からスタートしました。当初は地元の飲食店や学校給食に供給しておりましたが、その後、自社製品は県外に広がり、現在はクリームコロッケを主体とする調理冷凍食品と、紅ズワイガニやズワイガニの殻を除去し身を出した水産加工品(カニむき身製品)が大きな柱となりました。特にカニのむき身加工は、海外にも加工拠点を展開するほど成長しました。
 お取り引きいただける食品メーカー様や商社様も徐々に増え、弊社が取り扱う業務用食材は冷凍食品だけでなく、冷蔵品・常温品、米・油、飲料・酒類、厨房内で使われる関連品など、カテゴリーの幅が広がって参りました。
 外食産業や中食と言われるお弁当・惣菜に冷凍食品の需要が高まったことや、冷凍食品の技術が進み、ご家庭や飲食店でも、保管性に優れ手軽で美味しい冷凍食品活用の場面が広がったことが、創業から現在までの時代背景にあると考えております。
 令和の時代となり、社会や地球環境の変化は、これまでの50年間とは異なる方向に進むと予測されています。新たな視点での取り組みが必要です。しかしいつの時代でも、食は必要なものであり、人々の豊かな暮らしに欠かせないものです。食品業界は常に「安全・安心」「健康・新鮮」な商品が求められ、企業の危機管理体制やコンプライアンス体制についても、よりいっそうの企業努力が求められます。社会からの要請に誠実なきちんとした対応ができることも、経営上の重要な課題です。弊社は「この地に、生きる。」企業として、また山陰に誇りを持つ企業として、今後も地元山陰の食を支え、山陰の食を全国に発信できる企業を目指して参ります。今後ともご愛顧賜りますよう、何卒宜しくお願い申しあげます。
 
2020年(令和2年)3月
株式会社さんれいフーズ

代表取締役会長兼社長